1. ホーム
  2. マニュアル
  3. Google Workspace簡単設定(旧GoogleApps簡単設定)

ドメインGoogle Workspace簡単設定(旧G Suite簡単設定)

対象プラン

エコノミー ライト スタンダード プレミアム ビジネス

Google Workspace簡単設定って?

Google Workspace簡単設定とは、Google社が提供している「Google Workspace(旧Google Apps)」を独自ドメインで利用するための設定作業を簡単に行えるようサポートする機能のことです。

Google Workspaceには、GmailやGoogleカレンダー、Googleトーク、Googleドキュメントなど、数多くの便利なWebアプリケーションが用意されています。

Google Workspace導入へのステップ

このページでは、スターサーバーに設定している独自ドメインを利用したGoogle Workspaceの設定方法を紹介します。
導入するには、下記の6つのステップが必要となります。

  1. Google Workspaceお申し込みとログイン
  2. ドメイン所有権の確認
  3. Google Workspaceのカスタマイズ
  4. ユーザーアカウントの作成
  5. データの移行とメールの有効化
  6. Google Workspaceの利用開始

詳細に関してはGoogle Workspace公式サイトをご確認ください。

1.Google Workspaceお申込みとログイン

Google Workspace側の作業

Google Workspaceの公式サイトにてサービスのお申し込みを行い、Google Workspace管理画面へのログインを行ってください。

2.ドメイン所有権の確認

【2011年6月3日時点】Google Workspace側の仕様変更のため、ドメインの所有権確認の方法を、CNAME認証からTXTレコード認証に変更いたしました。

2-1.Google Workspace側の作業

Google Workspace管理画面にてドメインの所有権を確認する方法を選択してください。

Google Workspace各機能を利用するには、 事前にGoogle指定の方法(「TXTレコードによる認証」や「指定ファイルのアップロードによる認証」など)にて「Google Workspaceに登録したドメイン」の所有権があるかの認証を行う必要があります。

スターサーバーでは、「TXTレコードによる認証」の簡単設定機能を 実装しているため、ここでは「TXTレコードによる認証」にて所有権の確認を行います。
Google Workspace管理画面にて、表示される「google-site-verification=」で始まる文字列を確認してください。

2-2.スターサーバー側の作業

スターサーバーのサーバー管理ツールでは、Google Workspaceのドメインの所有権の確認をワンクリックで設定する機能があります。

サーバー管理ツールの「ドメインの所有権確認設定」にて、(2-1)で確認した「google-site-verification=」で始まる文字列をコンテンツに入力し、設定してください。

2-3.Google Workspace側の作業

Google Workspace管理画面にてドメインの所有権の確認処理を行ってください。
※所有権の確認処理は最大48時間程度かかる場合があります。

3.Google Workspaceのカスタマイズ

必要に応じてGoogle Workspace のカスタマイズ設定を行います。
初期設定のままでご利用になられる場合、「4.ユーザーアカウントの作成」へお進みください。

スターサーバー側の作業

サーバー管理ツールでは、Google Workspace各機能のログインページURLを「http://mail.独自ドメイン名」のように、ご利用になられているドメインにワンクリックで変更する機能があります。
(サーバー管理ツールの「Google Workspace独自ドメイン設定」を設定すると、Google Workspaceの各機能の管理画面に以下のURLにてアクセスできるようになります。)

  • [Gmail] http://mail.独自ドメイン名
  • [GoogleCalendar] http://calendar.独自ドメイン名
  • [GoogleDocs] http://docs.独自ドメイン名
  • [GoogleSites] http://sites.独自ドメイン名

4.ユーザーアカウントの作成

Google Workspace側の作業

必要に応じてGoogle Workspace側でユーザーアカウントの作成を行います。

※Gmailで利用するメールアドレスを追加される場合、ユーザーアカウントを新たに作成いただく必要があります。
例えば、「example」というユーザアカウントを作成すると、「example@登録ドメイン」というメールアドレスがご利用可能となります。

5.データの移行とメールの有効化

GoogleSitesを利用する場合は「公開予定のサイトデータの移行」を、Gmailを利用する場合は「DNSレコード(MXレコード)設定」等、アプリケーションごとに必要となるデータの移行及び設定を行ってください。

スターサーバー側の作業

サーバー管理ツールでは、Gmailを利用するために必要なDNSレコード(MXレコード)設定をワンクリックで行う機能があります。
(サーバー管理ツールの「Gmail用MXレコード設定」を設定すると、Gmailを利用するために必要なDNSレコード(MXレコード)の設定が自動的に行われます。)

6.Google Workspaceの利用開始

これにて設定は完了です。
Google Workspace管理ページから各機能をご利用ください。

マニュアルトップに戻る