1. ホーム
  2. マニュアル
  3. ブラウザキャッシュ設定

ホームページブラウザキャッシュ設定

対象プラン

ライト スタンダード プレミアム ビジネス

ブラウザキャッシュ設定とは

「ブラウザキャッシュ設定」機能は表示速度の向上や転送量の軽減を行うための機能です。
サーバー管理ツール上より、必要に応じて「ブラウザキャッシュ設定」を変更することができます。
「ブラウザキャッシュ設定」機能の仕様は下記のとおりです。

ブラウザキャッシュ設定
内容 ブラウザ側でのキャッシュ利用を指示するレスポンスヘッダ(Expires,Cache-Controlヘッダ) の出力を付加します。
同一ファイルへの再アクセス時にはブラウザ側のキャッシュファイルが利用され、表示速度の向上や転送量の軽減を行うことができます。
付与されるヘッダについて
  • Expiresヘッダ
  • Cache-Controlヘッダ(max-age)
各項目について最大7日間保持するように値が指定されます。
注意事項
  • キャッシュしたデータを読み込むため、CSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルなど対象データの更新がすぐに反映されない可能性があります。その場合は、ブラウザ上のキャッシュデータを削除してご確認ください。
  • ブラウザ上のキャッシュデータを利用する性質上、サーバーへのアクセス回数が減るため、アクセス解析などにおいてヒット数が減少する可能性があります。
  • ブラウザやサーバーコンテンツの内容によっては、WEBサイトの表示が崩れるなど、異なる動作となる場合が稀にあります。
  • 設定の変更からサーバーに設定が反映されるまで最大15分程度かかります。

ブラウザキャッシュ設定手順

1.まずはサーバー管理ツールにログインし、「ホームページ>ブラウザキャッシュ設定」へと進みます。

ブラウザキャッシュ設定をクリック

2.ブラウザキャッシュ設定を行う対象ドメインを選択します。

対象ドメインの選択

3.現在の状態をご確認の上、ブラウザキャッシュ設定の「ON」を選択し、「設定変更(確認)」をクリックします。

現在の状態の確認

4.変更後の状態を確認し、「設定変更(確定)」をクリックします。

変更後の状態の確認

5.設定完了です。「現在の状態」が変更されていることを確認してください。

設定完了

本機能では、下記項目においてキャッシュのON/OFFを設定することが可能です。

ON[全ての静的ファイル]
※推奨設定

CSS/JavaScriptを含むすべての静的ファイルに対してブラウザキャッシュ設定が有効になります。

対象ファイル(拡張子)
.css .js .jpeg .jpg .gif .png .svg .svgz .wbmp .webp .ico .jng .bmp .3gpp .3gp .ts .mp4 .mpeg .mpg .mov .webm .flv .m4v .mng .asx .asf .wmv .avi .mid .midi .kar .mp3 .ogg .m4a .ra .woff .woff2 .ttf .otf .eot

OFF 全てファイルに対してブラウザキャッシュ設定が無効になります。

.htaccessにてExpiresヘッダを設定されている場合

.htaccessにて下記の設定をされている場合はそちらが優先されます。

  • Cache-Control
  • Expires
  • Pragma
  • Set-Cookie

上記の設定をされている状態で、本機能の設定を行っていただいても、特に支障等はありません。
しかし、すでにキャッシュをご利用いただいているため、本機能によるWEBサイトの表示速度が向上しない場合があります。

マニュアルトップに戻る