1. インストールマニュアル
  2. XOOPS Cube

インストールマニュアルXOOPS Cube

対象プラン

ライト スタンダード プレミアム ビジネス

コンテンツ管理システム(CMS)、XOOPS Cube(以下XOOPS)の設置マニュアルです。
以下の手順に従って作業を進めてください。

インストールの流れ

XOOPS Cube本体のダウンロード

■XOOPS Cube公式サイト
http://xoopscube.sourceforge.net/ja/

上記サイトへアクセスし、ページ右側にあるメニューより「ダウンロード」を選んでください。

移動先のページにて、Package Legacyの記事内より、最新版をダウンロードしてください。
リンクをクリックするとダウンロード用ページへと移動します。

本マニュアルでは、XOOPS Cube Legacy 2.1.7を使用して、インストールを進めます。

データベースの作成

データベース作成

サーバー管理ツールへとログインし、ホームページの項目から「データベース設定」をクリックしてください。

データベース設定からデータベース追加へ

「MySQL追加」を選び、「データベース名」「文字コード(EUC-JP)」を入力して、確認画面へと進んでください。

データベース情報を入力!

データベース名は、「サーバーID_任意の文字列」となります。
本マニュアルでは、「sample_xoops」とします。

情報に誤りがなければ、そのまま情報を確定し、データベースを作成してください。

データベースユーザ作成

併せて、作成したデータベースへアクセスするユーザーを作成します。
「MySQLユーザ設定」をクリックしてください。

データベースユーザー作成へ

MySQLユーザー名」「データベースパスワード」を入力し、確認画面へと進んでください。

データベースユーザー情報の入力

ユーザー名は、「サーバーID_任意の文字列」となります。
本マニュアルでは、「sample_user」とします。

情報に誤りが無ければ、「確定」ボタンをクリックしユーザーを作成します。

MySQLユーザー作成後は、該当ユーザーに権限を設定します。
MySQL一覧画面において、先程作成したデータベースの「追加可能ユーザ」より追加するユーザを選択し、「権限追加」ボタンをクリックしてください。

データベースユーザー情報の入力

「権限設定ユーザ」に該当ユーザが追加されていれば、権限設定完了です。
(※権限設定されたユーザだけが、該当のデータベースにアクセスすることができます。)

データベース準備完了!

データベースとそのユーザーが設定されました。

ファイルの解凍とアップロード

ファイルの解凍

ダウンロードしておいたzipファイルを、解凍ソフトを使って解凍します。
問題なくファイルの中身が展開されたことを確認してください。

「docs」「extras」「html」の3つのフォルダが入っています。

解凍したファイル

FTPソフトの用意

ファイルをアップロードするには、FTPソフトを用意する必要があります。 FTPソフトの設定に関しては、「FTPソフトの設定」を参照してください。

ファイルのアップロード

FTPソフトにてお客様のサーバーに接続後、「xoops」という名前のフォルダを作成してください。

本マニュアルでは、例として「xoops」フォルダを作成していますが、フォルダ名はお客様任意の名前で構いません。

その中に、先ほど解凍しておいたファイル内、「html」フォルダの中身を全てアップロードしてください。

ファイルをアップロード

ウィザードによるインストール設定

お使いのWebブラウザで、http://お客様のドメイン名/xoops/へアクセスし、ウィザード(対話型の設定画面)によって設定を進めます。 本マニュアルでは、http://www.example.com/xoops/へアクセスします。

インストールウィザードの開始

セレクトボックスは、「ja-utf8」を選択し、次へ進んでください。

ファイルのアクセス権チェック

ウィザードに従って進めていくと、ファイルのアクセス権チェックがあります。
エラーが出ている場合は、指示に従って、ファイルの属性(パーミッション)を変更してください。

以下のような画面が表示されたら、次へ進んでください。

ファイルのアクセス権チェック

データベース、およびパス・URLの設定

以下のような画面になったら、先ほど設定したデータベース等の情報を入力してください。

データベースおよびパス・URL設定フォーム

データベースサーバーのホスト名 例)mysql1.star.ne.jp
データベース等を作成したサーバー
(数字の部分はお客様が収容されているサーバー番号になります)
データベースユーザ名 例) sample_user
先ほど作成したデータベースユーザー名
データベースパスワード 先ほど設定したデータベースパスワード
データベース名 例) sample_xoops
先ほど作成したデータベース名

情報を入力後、ボタンをクリックし、設定を完了してください。

ウィザードに従って作業を進め、以下のような画面が表示されればデータベースの設定は完了です。

データベーステーブル作成

サイト管理者の設定

以下のような画面になったら、フォームへ各種情報を入力してください。

サイト管理者の設定フォーム

管理者ユーザ名 任意の管理者名(半角)
管理者メールアドレス ご利用のメールアドレス
管理者パスワード 任意のパスワード
管理者パスワード(再入力) パスワードの再入力

情報を入力後、ボタンをクリックし、画面を進めてください。

データ生成

データが生成されました。

第1ステップ完了、第2ステップへ

以上で第1ステップは終了です。
引き続き第2ステップへ進んでください。

管理者ログインとモジュールのインストール

以下の画面が表示されたら、先ほど設定した「管理者ユーザ名」と「パスワード」を入力してログインしてください。

管理者ログインフォーム

以下の画面が表示されますので、チェックボックスは変更せずに、そのままインストールボタンをクリックしてください。

モジュールのインストール

インストール完了です。

インストール完了!

画面の指示に従って、FTPソフトを用い、該当のxoops/installディレクトリを削除します。

削除が終わったら、設置したXOOPSへアクセスし、「管理者メニュー」をクリックしてください。

管理者メニューのクリック

すると、以下のような注意が表示されます。

管理者メニュー内の注意書き

指示に従って、該当ファイルの属性(パーミッション)を500へ変更してください。

サイト設置完了!

以上でXOOPS Cubeの設置は完了です。お疲れ様でした。

マニュアルトップに戻る