1. メール
  2. SMTP認証の国外アクセス制限

メールSMTP認証の国外アクセス制限

対象プラン

エコノミー ライト スタンダード プレミアム ビジネス

SMTP認証の国外アクセス制限設定

本機能は、国外IPアドレスからの不正なメール送信を制限し、セキュリティを強化する機能です。

初期状態では「有効(ON)」です。

国外に在住の方など、国外からメール送信をされる場合は、下記手順を参考に本設定を「無効(OFF)」にしてください。

1.まずサーバー管理ツールへとログインしていただき、
「SMTP認証の国外アクセス制限設定」をクリックしてください。

2.ご利用になるドメインを選択してください。

3.下図のような画面が表示されましたら、現在の設定をご確認の上、
右側にあるボタン(OFFにする/ONにする)をクリックしてください。

画面が切り替わった後、「状態」が変更されていましたら、設定完了です。

ご利用に関しての補足

※国外からアクセスをされる場合を除き「有効」のまま運用されることを強く推奨します。

※まれに国内IPアドレスからのアクセスであっても、システム上で国外IPアドレスからのアクセスとして誤認され、メール送信が制限されてしまう場合があります。
その際も、本マニュアルの設定手順に従って、制限を解除してください。

※本制限はドメインごとの設定となります。

※「SMTP認証」とは、メール送信時に、ユーザー認証(メールアカウントとパスワードの認証)を行う仕組みです。

制限対象外のホストについて

国外に拠点があり、国内でも一般的に使用されるホスト名については、制限対象外としています。

  • google.com
    G Suite、GmailなどGoogle社提供サービスのホスト名
  • amazonaws.com
    Amazon EC2などアマゾン社提供クラウドサービスのホスト名
  • outlook.com, hotmail.com
    Outlook.comなどマイクロソフト社提供メールサービスのホスト名

マニュアルトップに戻る