1. インストールマニュアル
  2. 簡単インストール
  3. EC-CUBE 3

インストールマニュアルEC-CUBE 3

対象プラン

ライト スタンダード プレミアム ビジネス

インストール完了までの流れ

はじめに

お客様側で、EC-CUBEのインストールファイルを用意していただく必要はありません。

なお、EC-CUBE 3 を通常の手順でインストールするとURLの末尾に「html/」が付加されますが、本機能を利用してインストールをすることで、URLに「html/」を付加せずに設置することが可能です。

また、インストール後の各種設定やカスタマイズ、アップデート等に関するサポートは行っておりません。あらかじめご了承ください。

簡単インストール機能によるセットアップ

1. まず始めに、スターサーバー管理へログインし、サーバーアカウント一覧からインストールしたいサーバーのサーバー管理ツールへとログインします。

2. ログイン後、[ ホームページ > 簡単インストール ]をクリックします。

簡単インストール機能へ!

3. 簡単インストールを設定するドメインを選択します。

4. 簡単インストールのページへと移動後、「追加インストール」をクリックします。

追加インストールをクリック!

5. 追加インストールページへ移動後、EC-CUBEの「インストール設定」をクリックします。

インストールしたいプログラムを選択

6. 移動した先のフォームに必要な設定情報を入力します。

以下のように情報を入力し、「確認画面」をクリックしてください。

フォームに情報を入力

データベース

利用するデータベースを指定します。
「自動でデータベースを生成する」を選択された場合、プログラムに利用するMySQLデータベースおよびMySQLユーザが新たに自動生成されます。

利用するデータベースを任意に指定する場合は、「作成済みのデータベースを利用する」をお選びください。
(※ご自身で新たなMySQLデータベース、およびMySQLユーザを作成する際は、「データベースの作成」をご参照ください)

「作成済みのデータベースを利用する」を選択された方は、フォームに下記の項目をご入力ください。

データベース名
利用するデータベースを指定してください。
例)sample_ec
データベースユーザ名
データベースユーザを指定してください。
例)sample_user
データベース用パスワード
上記で指定したデータベースユーザ名のパスワードを入力してください。
ショップURL 例)example.com/ec
任意のURL
ショップ名 現在利用可能(有効なもの)で、EC-CUBEの管理用アドレスとして利用したいもの
管理画面ログインID EC-CUBE管理画面へのログインユーザ名
管理画面パスワード EC-CUBE管理画面へのログインパスワード
メールアドレス 任意のメールアドレス

7. 設定した情報に間違いが無ければ、「確定する」をクリックしてください。

入力した情報の確認

8. 完了画面が表示されれば、インストール完了です。

インストール完了

「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を忘れずにお控えください。

「EC-CUBE のインストールが完了しました。」の直下に表示されるURLをクリックし、インストールしたEC-CUBEのログイン画面に進みます。

9. 管理画面の確認

インストールの際に設定した「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を利用してログインしてください。

EC-CUBE管理画面

以上でEC-CUBEのインストールは終了です。
お疲れ様でした。

(参考)データベースの作成

1. サーバー管理ツールへとログインし、ホームページの項目から「データベース設定」をクリックしてください。

データベース設定からデータベース追加へ

2. 「MySQL追加」を選び、「データベース名」「文字コード(UTF-8)」を入力して、確認画面へと進んでください。

データベース情報を入力!

データベース名は、「サーバーID_任意の文字列」となります。
本マニュアルでは、「sample_ec」とします。

情報に誤りがなければ、そのまま情報を確定し、データベースを作成してください。

3. 併せて、作成したデータベースへアクセスするユーザーを作成します。
MySQLユーザ設定」をクリックしてください。

データベースユーザー作成へ

4. 「MySQLユーザー名」「データベースパスワード」を入力し、確認画面へと進んでください。

データベースユーザー情報の入力

ユーザー名は、「サーバーID_任意の文字列」となります。
本マニュアルでは、「sample_user」とします。

情報に誤りが無ければ、「確定」ボタンをクリックしユーザーを作成します。

5. MySQLユーザー作成後は、該当ユーザーに権限を設定します。

MySQL一覧画面において、先程作成したデータベースの「追加可能ユーザ」より追加するユーザを選択し、「権限追加」ボタンをクリックしてください。

データベース権限設定

6. 「権限設定ユーザ」に該当ユーザが追加されていれば、権限設定完了です。

権限設定されたユーザだけが、該当のデータベースにアクセスすることができます。

データベース準備完了!

データベースとそのユーザーが設定されました。

(参考)サイトSSL設定

EC-CUBE 3 はショップサイトならびに管理画面にてSSL(https)経由での接続に制限することが可能です。

1. SSL(https)接続にて管理画面へアクセス

インストールしたEC-CUBEに対し、SSLによるURL(https://〜)で管理画面にアクセスし、ログインをしてください。

2. 「設定」の「セキュリティ管理」にて『SSLを強制』にチェック

「管理 > セキュリティ管理 > サイトセキュリティ設定」に進みます。
「サイトセキュリティ設定」内のSSL制限にある『SSLを強制』にチェックを入れ、画面右上の『設定』ボタンをクリックします。

EC-CUBE 3管理画面

※SSL(https)接続を行っていない場合は『SSLを強制』にチェックを入れることが出来ません。

(参考)アップデートについて

本機能で提供するEC-CUBEは、当サービスで提供する仕様にあわせ、以下のファイルをカスタマイズしております。

そのため、EC-CUBEのバージョンアップなどに伴うアップデート作業によりファイルの更新が生じた場合は、以下の手順に沿ってプログラムの修正を行ってください。

※アップデート作業を行われる際は、必ず予めデータ類のバックアップを取得してください。

「/html/index.php」での作業手順

1. 「html」フォルダ内の「index.php」を移動

「html」フォルダ内にある「index.php」を一つ上のフォルダに移動してください。

2. 「index.php」を編集

テキストエディタを用いて先ほど移動した「index.php」を編集します。

require __DIR__.'/../autoload.php';
require __DIR__.'/autoload.php';

※Windows付属の“メモ帳”で編集を行った場合、不具合が発生することがあります。必ずテキストエディタにて編集を行ってください。

変更前

index.php:編集前のファイル変更箇所にフォーカス

変更後

index.php:編集後のファイル編集箇所にフォーカス

3. サーバへのアップロード

FTPソフトを使い、「index.php」をサーバーへアップロードしてください。

アップロード先にご注意ください

アップロード先は本来の「html」フォルダ内ではなく、「html」フォルダの一つ上のフォルダです。

「/src/Eccube/Controller/Admin/Store/TemplateController.php」での作業手順

1. 「src/Eccube/Controller/Admin/Store」フォルダ内の「TemplateController.php」を修正

テキストエディタを用いて「/src/Eccube/Controller/Admin/Store」フォルダ内にある「TemplateController.php」を編集してください。

$config['front_urlpath'] = $config['root_urlpath'] . '/template/' . $templateCode;
$config['front_urlpath'] = $config['root'] . 'template/' . $templateCode;

※Windows付属の“メモ帳”で編集を行った場合、不具合が発生することがあります。必ずテキストエディタにて編集を行ってください。

変更前

TemplateController.php:編集前のファイル編集箇所にフォーカス

変更後

TemplateController.php:編集後のファイル編集箇所にフォーカス

※プログラム内容や編集内容は状況に応じて異なる場合があります。

2. サーバへのアップロード

FTPソフトを使い、サーバー上の「/src/Eccube/Controller/Admin/Store」フォルダ内へ『TemplateController.php』をアップロードしてください。

(参考)PHPのバージョン切り替え後に発生する表示不具合の解消方法

EC-CUBE 3をご利用の状況下で「PHPバージョン設定」を行った場合に、EC-CUBEが保持するキャッシュ情報との兼ね合いにより、コンテンツが正常に表示されない場合があります。

この場合は、以下の手順でEC-CUBEが保持するキャッシュ情報の削除を行うことにより改善します。

1. EC-CUBE 管理画面にアクセス

インストールしたEC-CUBEの管理画面にアクセスし、ログインをしてください。

2. 「コンテンツ管理 > キャッシュ情報」にてキャッシュ削除

「コンテンツ管理 > キャッシュ管理」に進みます。

キャッシュ管理にある『twig』にチェックを入れ、『キャッシュ削除』ボタンをクリックします。

キャッシュ管理内の「twig」にチェックを入れ、「キャッシュ削除」ボタンをクリックするスクリーンショット

マニュアルトップに戻る